【会計Info】経理・税務会計情報サイト 人間中心のTAXを見つめています 

タックスニュース          2022年の記事一覧へ
Monday,December 05,2022


法人所得が過去最高の79兆円



 2021事務年度(21年7月〜22年6月)の法人税の申告所得は79兆円を超え、過去最高を記録したことが分かりました。

コロナ禍から2年ぶりに持ち直した前年からさらに伸び、落ち込んでいた旅館・飲食などの業種も増加に転じています。

コロナ禍からの持ち直しが数字に表れている状況です。

 国税庁が10月末に公表した最新の法人税申告事績によれば、21事務年度の法人税は申告件数が307万件で、申告所得金額は79兆4790億円でした。

前年度から約9兆3千億円増加し、過去最高額となっています。

申告税額も13兆9232億円と伸びました。

ただし、税額は過去最高を記録したバブル期の1989事務年度の75%程度にとどまっているのが現状です。

89年には本則40%だった法人税率が、第二次安倍政権下の法人減税によって23%台まで下がっていることが理由のひとつと言えそうです。

 黒字申告1件当たりの所得金額は7273万2千円で、赤字申告1件当たりの欠損金額は853万9千円でした。

申告があった法人のうち、黒字割合は35.7%で、前年比で落ち込んでいた前年から立ち直っています。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


12月5日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2022年12月2日

≪トピックス≫
●令和4年分確定申告期の確定申告会場のお知らせ


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
2022年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2020年の記事一覧へ