【会計Info】経理・税務会計情報サイト 人間中心のTAXを見つめています 

タックスニュース          2022年の記事一覧へ
Tuesday,September 06,2022


《コラム》株式の譲渡所得の計上日



 事業承継に伴い、個人が中小企業の非上場株式を相対で譲渡する契約を締結し、翌年に引渡しとなる場合、譲渡所得の計上は、原則、翌年になりますが、選択により、契約した年の譲渡所得とすることもできます。

 個人が上場株式を譲渡する場合や、法人が譲渡する場合の取扱いも含め、株式譲渡所得の計上時期をみてみましょう。


約定日と受渡日

 証券会社で株式を売却すると、取引報告書に、約定日と受渡日の記載があります。

約定日とは、売却注文を行った日。

受渡日とは、株式を相手に引渡し、売却代金を入金した日です。

売却代金と株式の受渡しは、売買が成立(約定)してから、その日を含め、3営業日目に行われます。

例えば月曜日の売り注文は、水曜日の受渡しとなります。


個人が株式を譲渡した場合

 個人が証券会社に委託して株式を売却した場合、譲渡所得は原則として受渡日に計算します。

特定口座で売却する場合は、その年の1月1日から12月31日までの間に受渡日が含まれる譲渡損益で計上します。

 上場株式を一般口座で売却する場合、相対で非上場株式など一般株式の譲渡の場合は、原則、受渡日で譲渡所得を計算しますが、納税者の選択により、約定日で譲渡所得を計算することもできます。


法人が株式を譲渡した場合

 法人が株式を売却した場合の譲渡損益の計上時期は、平成12年改正前まで引渡日基準でした。

しかし、企業会計に金融商品会計基準が公表され、有価証券の譲渡損益は約定日基準で計上することとされたことを踏まえ、税法も平成12年改正で約定日基準となりました。

これは有価証券の受渡しが不履行となるリスクが極めて低いこと、約定日からの時価の変動リスクは買手側に生じることによるとされています。

 また、簡便法として、年中は引渡日基準で譲渡損益を計上し、事業年度末に未引渡し分の譲渡損益を併せて計上する修正受渡日基準も継続適用を条件に認められました。


非上場株式の譲渡で注意すること

 非上場株式を譲渡する場合、譲渡制限のある株式の譲渡は、取締役会または株主総会の譲渡承認が必要です。

株式の譲渡者が株主名簿に記載されていること、譲渡後、取得者に名義書換が行われることを確認すること。株式譲渡は、消費税は非課税、領収書の交付も忘れないようにしましょう。


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


9月6日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2022年9月5日

≪刊行物等≫
●「源泉所得税の改正のあらまし(日コロンビア租税条約)」を掲載しました


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
2022年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2020年の記事一覧へ