【会計Info】経理・税務会計情報サイト 人間中心のTAXを見つめています 

タックスニュース          2022年の記事一覧へ
Monday,August 8,2022


続く東京国税局の不祥事



 不祥事続きの東京国税局で、またもや職員の不正が明らかになりました。

職員が業務でつながりを得たルートを通して日本酒を転売し、個人的に利益を得ていたそうです。

東京局では最近になって給付金の不正受給をはじめとする不祥事が続いて発覚し、トップが異例の厳重注意を受けたばかりでした。

 一部報道によれば、今回減給の懲戒処分を受けたのは、都内の税務署に勤務する60歳の特別国税調査官。

2012年以降、業務で関わりのあった酒販協同組合から日本酒を小売価格より安く手に入れ、同僚などに転売して約13万円の利益を得ていたとのことです。

さらに勤務場所に近い実家から通勤することで交通費をごまかし、約30万円の通勤手当を不正に受給していたことも分かりました。

職員はすでに辞職しています。

 東京国税局では6月、横浜市の鶴見税務署の職員が新型コロナの国の持続化給付金をだまし取ったグループの1人として逮捕・起訴されました。

また税務相談室の職員が妻の顔をなぐって大けがをさせた疑いなどで逮捕され、JRの車内で痴漢をした疑いで千葉市の千葉東税務署の職員も逮捕されています。

 これらの続発する不祥事を受け、日本酒の転売が発覚する前の6月下旬には、局長が厳重注意の処分を受けています。

同局は「綱紀の厳正な維持を徹底する」とのコメントを発表していました。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


8月8日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2022年8月5日


≪トピックス≫
●令和4年8月3日からの大雨により被害を受けられた皆様へ(災害関連情報)

≪お知らせ≫
●令和3年度租税滞納状況について(PDF/1,059KB)


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
2022年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2020年の記事一覧へ