【会計Info】経理・税務会計情報サイト 人間中心のTAXを見つめています 

タックスニュース          2022年の記事一覧へ
Thursday,March 31,2022


早期・希望退職募集数が高水準



 2021年に早期・希望退職募集を開示した上場企業は84社だったことが東京商工リサーチのまとめで明らかになりました。

前年の93社からは減少したものの、2年連続で80社超となっています。

2年連続で80社を超えるのはリーマン・ショック後の09年(191社)・10年(85社)以来11年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きい業種を中心に高水準での推移が続いています。

 東商リサーチが、早期・希望退職者募集の実施を開示し、具体的な内容を確認できた上場企業を調べました。

 人数を公表している69社(若干名を除く)の合計は1万5892人に達しました。

20年の1万8635人よりは減少しましたが、2年連続で1万5千人を上回っています。

業績への打撃が大きい鉄道、観光関連、アパレルのほか、製造業でも目立ちました。1千人以上の募集が5社ありました。

 22年に入っても、変異株「オミクロン株」の感染者は爆発的に増加。

円安傾向が継続していることに加え、原油価格の高騰が企業業績を圧迫しています。

業績不振企業を中心に早期・希望退職募集は高止まりとなりそうです。

 募集企業の直近本決算の当期損益を見ると半数以上の47社が赤字でした。ア

パレル関連や観光関連などは全てが赤字です。

 一方、募集人員が1千人以上の5社の中では4社が黒字でした。

「年齢構成是正」や、先行きの需給動向を見通した「先行型」に加え、「製造・営業用拠点の集約」などを目的にしている募集が目立ちます。

 製造業を中心に、先行きの不透明感があるなかでも社員の年齢構成を是正する動きや、デジタル分野の強化等の流れが続いているとして同社は「22年の募集企業も21年と同等以上となる可能性は現実味を帯びている」とみています。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
2022年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2020年の記事一覧へ