【会計Info】経理・税務会計情報サイト 人間中心のTAXを見つめています 

タックスニュース          2022年の記事一覧へ
Thursday,January 20,2022


国税庁:2020年度におけるe−Tax利用状況を公表



 国税庁は、2020年度におけるe−Tax(国税電子申告・納税システム)の利用状況を公表しました。

 それによりますと、2020年度e−Taxの利用合計件数は5,003万4,789件となり、前年度に比べて18.4%増加しました。

 このうち、2014年9月に策定したオンライン手続き(2016年11月に改定)の利便性向上に向けた「財務省改善取組計画」における改善促進手続きの利用件数は、2,828万7,080件となり、前年度に比べて7.9%増加しました。

 項目別の利用件数は、改善促進手続きでの申告関係では、「所得税」1,422万417件、「法人税」242万4,547件、「消費税(法人)」174万9,338件、「消費税(個人)」89万7,514件、「印紙税」8万8,760件、「酒税」3万7,877件となりました。

 同申請・届出等は、「給与所得の源泉徴収票等(6手続き)」248万8,775件、「利子等の支払調書」7,493件、「納税証明書の交付請求」24万7,718件、「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」610万3,817件となりました。

 また、2020年度におけるe−Taxの普及・定着に向けた新たな取組みをみてみますと、法人税の申告については、2020年4月以後終了事業年度分の申告から、e−Taxで法人税申告書及び財務諸表を提出した場合には、国税・地方税当局間の情報連携によって、法人事業税の申告における財務諸表の提出を不要としました。

 また、2020年5月からは、e−Taxの推奨環境として、「Google Chrome」及び「Microsoft Edge(Chromium)」を追加しました。

 さらに2021年1月からは、

@法定調書を電子的提出する際のファイル形式について、従来のXML形式に加えて、新たにCSV形式による提出も可能

Ae−Taxによる提出に対応していなかった申請書・届出書等について、イメージデータ(PDF形式)による提出が可能

B個人納税者のダイレクト納付の利用届出や、振替納税に係る口座振替依頼書について、e−Taxによる提出も可能としたことなどが挙がっております。
 ご利用になる方は、ご確認ください。


(注意)
 上記の記載内容は、令和3年12月1日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
2022年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2020年の記事一覧へ