【会計Info】経理・税務会計情報サイト 人間中心のTAXを見つめています 

タックスニュース          2021年の記事一覧へ
Friday,December 03,2021


2年ぶりに法人所得が増加



 2020事務年度(20年7月〜21年6月)の法人税の申告所得は70兆円を超え、2年ぶりに増加しました。

コロナ禍で飲食、宿泊業が厳しい状況に置かれる一方で、医薬品や家具などの小売業が好調でした。

全国的に新型コロナウイルスの新規感染者数が減少するなか、苦境に置かれた業種をどのように今後支援していくかが問われそうです。

 国税庁が11月上旬に公表した最新の法人税申告事績によれば、20事務年度の法人税は申告件数が301万件で、申告所得金額は70兆1301億円でした。

前年度から5兆1千億円増加し、コロナ禍前の18事務年度には及ばないものの、2年ぶりの増加となっています。

申告税額は12兆1220億円。料理や旅館、飲食業などの申告所得が減少した一方で、小売業では増加が目立つなど、業種によって明暗が分かれている状況です。

黒字申告1件当たりの所得金額は6662万8千円で、赤字申告1件当たりの欠損金額は1212万1千円でした。

 申告があった法人のうち、黒字割合は35.0%で、前年の35.3%から0.3ポイント減少。

ただしこれは過去の欠損金を繰越控除した後の数字で、繰越控除前の単年度の業績でみると、黒字割合は56.9%となっています。

なお、過去5年のなかでは最も低い割合となっていて、コロナ禍が多くの企業にダメージを与えていることが分かります。

<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
2021年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2020年の記事一覧へ