【会計Info】経理・税務会計情報サイト 人間中心のTAXを見つめています 

タックスニュース          2021年の記事一覧へ
Tursday,December 02,2021


内閣府:2022年度税制改正要望を公表



 内閣府は、2022年度税制改正要望を公表しました。

 それによりますと、地方創生を推進し、地方における雇用創出を図るため、地方拠点強化税制の見直し等を要望しております。

 地方拠点強化税制は、企業が本社機能を東京23区から地方へ移転(移転型)と地方の企業の本社機能の強化(拡充型)があり、オフィスに係る建物等に対し特別償却又は税額控除を認めるオフィス減税や、特定業務施設での雇用者の増加に対して税額控除が受けられる雇用促進税制があります。

 地方拠点強化税制は、2015年度税制改正で創設された制度ですが、2021年6月末時点での適用を受けるために必要な整備計画の認定状況をみてみますと、認定事業件数は488件、このうち税制適用実績は、オフィス減税119件、雇用促進税制の特例35件で、雇用創出人数は1万8,735人にとどまっております。

 2021年度改正においても、雇用促進税制の適用要件の緩和等が行われましたが、再度見直しを要望しております。

 コロナ禍でのテレワークやリモート会議の導入が進む中、本社機能全てを東京に置く必要性は減少しております。

 また、近年頻発する災害等に備えたリスク分散の観点から、東京等の本社機能を代替・補完する地方拠点の整備は重要な課題として、適用期限の2年延長及び同税制が企業の地方移転等のインセンティブとして有効に機能するように感染症の影響によるビジネス環境や企業動向の変化等を踏まえた適用要件の緩和等の拡充を求めております。

 さらに、国家戦略特区における特別償却や所得控除制度などの優遇措置の延長や、中小企業の再生を支援する観点から、再生企業の保証人となっている経営者が、合理的な再生計画に基づき、その再生企業に対して事業用資産の私財提供を行った場合に、その資産に係る譲渡益を非課税とする経営者の私財提供に係る譲渡所得の非課税措置の拡充及び適用期限の延長なども盛り込んでおります。

 そのほか、「新型コロナウイルス感染症に関する特別貸付けに係る消費貸借に関する契約書の印紙税の非課税措置」について2022年3月までとされている期限の延長や、既存住宅の耐震・バリアフリー・省エネ・三世代同居・長期優良住宅化リフォームに係る特例措置の拡充及び延長なども求めております。

 今後の税制改正の動向に注目です。


(注意)
 上記の記載内容は、令和3年10月15日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


12月2日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2021年12月1日


≪トピックス≫
●「令和3年分 確定申告特集(準備編)」を開設しました

≪税の情報・手続・用紙≫
●中華人民共和国における輸入食品海外製造企業登録管理規定について(令和3年12月1日更新)

≪法令等≫
●関係行政機関が所管する法令に係る情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律施行規則第二条第二項第六号、第三条、第八条及び第十条第三号の規定に基づき、財務省が関係行政機関に属する行政機関として所管する法令のうち、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に係る電子情報処理組織による手続等を定める件の一部を改正する件(国税庁告示第28号)(PDF/71KB)

≪お知らせ≫
●「関係行政機関が所管する法令に係る情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律施行規則第二条第二項第六号、第三条、第八条及び第十条第三号の規定に基づき、財務省が関係行政機関に属する行政機関として所管する法令のうち、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に係る電子情報処理組織による手続等を定める件の一部を改正する件(案)」に対する意見募集の結果について(e-Govへリンク) 年11月)


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
2021年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2020年の記事一覧へ