【会計Info】経理・税務会計情報サイト 人間中心のTAXを見つめています 

タックスニュース          2021年の記事一覧へ
Tuesday,September 21,2021


《コラム》消費税 インボイス制度いよいよ始動



◆インボイス制度とは

 正式には「適格請求書等保存方式」といいます。

令和5年10月から導入されます。

導入はまだ先の話ですが、この適格請求書等を発行できる事業者すなわち「適格請求書発行事業者」(以下登録事業者という)の届出と受付が今年の10月から始まります。

インボイス制度を理解するにはまず消費税の基本的仕組みを理解してください。


◆消費税の基本

 消費税の負担者はその名の通り消費者です。

しかし消費税の納税者は消費者ではなく消費者から消費税を預かった事業者です。

事業者も事業活動において仕入れや諸経費等消費者と同様消費税を負担します。

そこで消費者から預かった消費税と自分が負担した消費税の差額を国に納付します。これが消費税です。


◆今はどうなっているのか?

 現在は、事業者は租税公課や保険料や給与や住宅の家賃等法律で非課税とされている取引以外は、全て消費税が課税されているものとして差額を計算して消費税を国に納めています。

しかし小規模の事業者も全てこの計算をすると大変煩わしいだろうということで、売上が1,000万円以下の事業者に関しては納税を免除しています。


◆インボイス制度導入後は

 インボイス制度が導入されると、事業者は消費者から預かった消費税から、登録事業者が発行した請求書や領収書に記載された消費税だけを差し引いて差額を国に納めます。

 もちろん自分も登録事業者でないと、事業者間での取引は難しくなります。

 普段は消費者しか相手にしていない小売店や飲食店でも、大口の会社からの注文や忘年会などで、「適格請求書等」(領収書)の発行を求められた時、登録事業者でないと、発行できません。

そして登録事業者になるということは消費税の納税義務者になるということですから、売上1,000万円以下の現在消費税の納税が免除されている事業者も取引形態によっては、登録事業者になる必要が出てきます。


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


9月21日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2021年9月17日


≪トピックス≫
●「年末調整がよくわかるページ」を開設しました
●「令和3年分年末調整のための各種様式等」を掲載しました

≪法令等≫
●租税特別措置法関係通達(法人税編)等の一部改正について(法令解釈通達)


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
2021年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2020年の記事一覧へ