【会計Info】経理・税務会計情報サイト 人間中心のTAXを見つめています 

タックスニュース          2021年の記事一覧へ
Friday,June 25,2021


【時事解説】2021年版中小企業白書・小規模企業白書の概要



 中小企業庁では、2021年版中小企業白書・小規模企業白書を取りまとめ2021年4月23日に閣議決定し公表しました。

 2021年版中小企業白書・小規模企業白書のポイントとして、新型コロナウイルス感染症が中小企業・小規模事業者に与えた影響や、この危機を乗り越えるために重要な取り組みとして、事業環境の変化を踏まえた事業の見直し等について、豊富な事例を交えながら調査・分析を行っている点にあります。

 2021年版中小企業白書の構成に沿ってその概要をみると、第1部では2020年度の中小企業の動向についてまとめています。

第2部では、「危機を乗り越える力」というタイトルで各章において3つのテーマ別の分析を行っています。

 第1章では、「中小企業の財務基盤と感染症の影響を踏まえた経営戦略」というテーマで、感染症流行下における大規模な資金繰り支援が、中小企業を取り巻く金融環境に与えた影響を確認しており、財務の安全性を確保し、時代の変化に合わせて経営戦略の見直しに取り組むことの重要性を指摘しています。

 第2章では、「事業継続力と競争力を高めるデジタル化」というテーマで、事業継続力強化の観点からも中小企業におけるデジタル化の重要性が急速に高まっていることを指摘しています。

また、ITツール利活用の現状と課題について明らかにしつつ、デジタル化を成功させる上で重要となる取り組みに着目して分析を行っています。

 第3章では、「事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」というテーマで、技術や人材を引き継いでいくために重要となる事業承継等の進展状況や、M&Aを活用した規模拡大・新事業展開の取り組み事例について調査・分析を行っています。

 では、2021年版小規模企業白書ではどのような内容が記載されているのでしょうか。ここでは2021年版小規模企業白書の構成に沿ってその概要をみていきましょう。

 第1部では2020年度の小規模事業者の動向について各種統計データ等に基づきまとめています。

 第2部では、「消費者の意識変化と小規模事業者の底力」というタイトルで分析を行っています。

 第1章では「小規模事業者を取り巻く環境の変化と対応」というテーマで分析を行っています。

その中で、感染症流行により地元での消費やオンラインショッピングの利用などが増加していることや、小規模事業者の顧客との関係づくりもオンラインツールを活用した取り組みが増加していることなどを指摘しています。

 第2章では、「経営環境の変化に強い小規模事業者の特徴」というテーマで、経営分析、顧客・地域とのつながり、ブランド化、SDGs に着目して分析しています。

その中で、日頃から地域とのつながりを大事にしている小規模事業者は売上の維持にもつながっていることや、SDGsの取り組みが小規模事業者の持続的な発展にとっても重要な取り組みと捉えられていることを指摘しています。

 第3章では、「感染症流行下の商工会・商工会議所の取り組みと小規模事業者支援」というテーマで、小規模事業者への支援について分析を行っています。

その中で、感染症流行による事業環境の変化の中において、商工会や商工会議所による支援の重要性が高まっていることなどを指摘しています。

 このように、小規模事業者が感染症をきっかけとした社会変容のトレンドや、消費者の新たなニーズを的確につかみ、販路開拓や新事業の創出につなげていくことが重要となるのです。


(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)


記事提供:ゆりかご倶楽部





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)


6月25日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2021年6月24日


≪刊行物等≫
●国税広報参考資料(令和3年9月広報用)を掲載しました



■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
2021年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2020年の記事一覧へ