【会計Info】経理・税務会計情報サイト  

タックスニュース          2019年の記事一覧へ
Tuesday, November 26, 2019


《コラム》中堅からベテランまでを拡充したいとき使える助成金



45歳以上人材の活用

 企業の人材採用が難しい時代が続いています。

そうした中で中高齢者の採用は選択肢の一つとなります。

特に最近では45歳以上の年齢でも転職が珍しくない時代になっており、実力のある人材を採用するチャンスも到来しています。

今回は会社の核となる45歳以上の人を雇用したときに使える助成金を紹介します。


中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)

 「中途採用拡大コース」には「中途採用率の拡大」と「45歳以上の初採用」の2種類ありますが、45歳初採用が比較をして使いやすいでしょう。

過去に45歳以上の人を中途採用したことがない会社が対象です。

 中途採用計画(1年以内の期間を定める)を作成し、計画書の申請をしておきます。

その後会社として初めての雇い入れ時に45歳以上の人を1名以上雇用すると60万円、該当の人が60歳以上の人であれば70万円の助成金を受給することができます。

何名採用しても良いのですが、2名以上雇用しても助成金額の増額はありません。


支給の要件と注意点、特徴

@過去に45歳以上の労働者を中途採用していないこと

A期間を定めていなくてもパートタイマー労働者は対象になりません。
先ほど出てきた中途採用計画の期間中に45歳以上の人を期間の定めのない正社員等で採用する必要があります。

B助成金が支給決定されるまでに対象の社員が退職してしまうと支給されません。

C申請できるのは1事業所で1回

D助成額は大企業と中小企業で同額


その他の項目の重要度は?

 当該助成金は特定求職者雇用開発助成金のようにハローワークからの紹介に限定されませんし、比較的若者向け助成金が多い中、中高齢者の採用時に使える助成金です。

ちょうど45歳以上あたりで会社のメインを担うような人材をこれから増やしたい、若い人もいいけれど安定感も欲しいから中高齢者がいいんだよね、といったときにピッタリでしょう。

また大企業と中小企業で助成金額が変わらないので大企業で申請をしてみるのも良いでしょう。


記事提供:ゆりかご倶楽部





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)




■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁
2019年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2019年の記事一覧へ