【会計Info】経理・税務会計情報サイト  

タックスニュース          2019年の記事一覧へ
Wedensday, November 13, 2019


経団連:2020年度税制改正に関する提言を公表



 日本経済団体連合会(以下:経団連)は、2020年度税制改正に関する提言を公表しました。

 それによりますと、Society 5.0の実現が政策の核として明示されたことを踏まえて、実現に向けた企業の生産性向上に資する税制措置の整備の観点から、企業の競争力強化に資する連結納税制度の見直しや税務手続きの簡素化・デジタル化などを要望しております。

 企業の競争力強化に資する連結納税制度の見直しでは、機動的な事業ポートフォリオの組換え等による効率的なグループ経営を可能とし、日本企業の国際競争力を強化し、経済再生を実現する観点から見直しを行うべきであり、修更正による他の連結法人への影響を遮断する等の事務負担の軽減は歓迎するが、個別申告方式など新制度に移行する場合、これまで連結納税制度を採用していた企業に不利益が生じないものとすべきと示しました。

 そして、現行、実務負担が大きい点は地方税も含めた修更正に伴う作業ですが、グループ一体経営に即した課税という連結納税の趣旨を体現するグループ調整計算を維持し、その上で修更正の他の連結法人への影響は遮断するというあり方を検討すべきとしております。

 研究開発税制や外国税額控除でグループ調整計算をなくすことはあってはならず、受取配当益金不算入(国内・海外)の持分判定も調整計算を必ず維持すべきとの考えも示しております。

 税務手続きの簡素化・デジタル化では、消費税の申告期限の延長を要望しております。

 消費税の申告は法人税と密接に連動していますが、申告期限の延長が認められている法人税と異なり、事業年度終了後2月以内に申告を行わなければならず、追加的な事務負担が生じているとし、働き方改革に伴う時間外労働の制約のなか、生産性向上の観点から、消費税の申告期限を法人税申告の延長期限と平仄をあわせる形で延長することを求めました。

 電子申告義務化の残された課題に取り組むとともに、共同収納の対象税目の拡充等、税務手続きのさらなるデジタル化の推進も要望しております。

 大法人の電子申告の義務化が2020年4月1日以後開始事業年度から適用されるなか、電子申告における指定方式へのデータ変換や国税・地方税における申告内容の重複など改善すべき点は多いとして、データ通信の柔軟化などの取組みを進める必要があるとしました。

 今後の税制改正の動向に注目です。


(注意)
 上記の記載内容は、令和元年10月7日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。


記事提供:ゆりかご倶楽部





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)




■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁
2019年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2019年の記事一覧へ