【会計Info】経理・税務会計情報サイト  

タックスニュース          2019年の記事一覧へ
Friday, May 17, 2019


米ニューヨークで渋滞税を導入



 市街地の交通渋滞を解消するため、ドライバーから「渋滞税」を徴収することを米・ニューヨーク州議会が決めました。

4月1日に可決した予算案に盛り込まれています。

慢性的な交通渋滞を緩和し、税収を地下鉄など公共交通機構の整備に充てるといいます。

渋滞税の導入は全米で初めて。

 ニューヨーク市の深刻な道路渋滞は以前から有名でしたが、近年ではウーバーなどの配車サービスが普及したことにより、加速度的にひどくなっているそうです。

そこで新税では、ニューヨーク市でも最も渋滞の多いマンハッタン島の南側に乗り入れる自動車から、1日1回徴収。

税額は固まっていませんが、米国内メディアによれば普通車で11ドル(約1200円)、トラックは25ドル(約2800円)程度を徴収します。

ただしタクシーやウーバーなどの配車業については適用外とする案で検討が進んでいるといい、どこまで渋滞緩和に実効性を発揮するかは未知数です。

早ければ来年末から徴収が始まります。

 渋滞税の導入は全米では初ですが、世界的にみれば英・ロンドン市という先行事例があります。

同市では道路渋滞が社会問題化していた2003年に渋滞税を導入し、現在では該当エリアに乗り入れる車から1日10ポンド(約1500円)を徴収しています。

該当エリア内に住む人も自動車を使う時には1ポンドの納付が課されています。

同市の交通局によれば渋滞税の導入によって渋滞は30%解消され、交通量は15%減少したそうです。

 日本では、恒久的な渋滞税が導入されたことはありません。

しかし来年開催の東京五輪では深刻な交通混雑が予想されるため、首都高速道路の通行料を時間帯や車種によって変動させる「ロードプライシング」の導入が議論されています。

首都高の通行料は現在最大で1300円(ETC普通車)ですが、競技が行われる日中は最大2〜3千円まで値上げする案が出ています。

すでに国土交通省や高速道路会社が具体的な検討を進めていて、日本でも「渋滞税」が導入される日は遠くなさそうです。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)

5月17日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2019年5月16日


≪税の情報・手続・用紙≫
●酒類の輸出統計(平成31年3月分)を掲載しました


財務省 各年度別の税制改正の内容
総務省  税制改正(地方税)
ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁
2019年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています

2019年の記事一覧へ