【会計Info】経理・税務会計情報サイト 

HOME CONTENTS

弥生会計04へ 弥生会計05へ

弥生会計06プロフェッショナルの帳簿入力の方法 売掛帳・買掛帳方式の入力方法
by弥生会計06Professinal

(弥生会計05と同じです)



弥生会計06の売掛帳・買掛帳方式による入力方法

入力方法と独断によるコメントがはいっております。
メニューバーの「 帳簿・伝票 」 → 「 売掛帳または買掛帳 」をクリックして


1.売掛帳の入力の方法

得意先元帳、売上帳ともいいます。
売掛帳は補助科目(得意先別)ごとになっています。


補助科目の設定方法の参照

@日付・伝番No・相手勘定科目・相手補助科目の入力

これは現金出納帳・預金帳と同じです。

 相手勘定勘定/相手補助科目 の補助つまり得意先ごとの売上金額の比較を表示したい場合やエクセルに取り込むなど各種の経営資料に使いたい場合など、売上にも補助科目の設定が必要です。

売掛金の補助科目は請求漏れや入金回収の確認にも使えます。
売上に補助科目を設定すれば、得意先ごとの売上金額の経営資料に使えます。
エクセルに取り込んで、グラフにすることもできます。

A摘要・金額の入力
〆日の合計請求額でよいと思いますが、量が少ない場合には納品書ごとでもかまいません。
大量の場合は弥生販売にて納品書や合計請求書が印刷できて、データーの取り込みができますのでそちらをおすすめします。


2.買掛帳の入力の方法

仕入先元帳、仕入帳ともいいます。買掛帳も売掛帳と同様です。
仕入先ごとの集計が必要な場合は仕入高の勘定科目にも補助科目を設定してください。
在庫帳や商品別粗利益、得意先別粗利益などを出したい場合には、弥生販売にて対応できます。
ただ、かなり大変ですが。



※【弥生会計ソフト】
 ・業務ソフトに関する無料相談実施中!
 ・まずはお試し!「弥生会計」無料体験版ダウンロードはこちら
 ・弥生会計ソフトシリーズの購入はこちらからどうぞ!








川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています