【会計Info】経理・税務会計情報サイト

相談事例

160707


相談内容



個人事業を始めるため、祖父の家の一室を月1万円くらいで間借りしたいと思っています。
祖父は収入を得るにあたり手続きや申告は必要ですか?

<補足>
祖父は年金生活者で他に収入はありません。
家は祖父名義です。
親族に貸す、貸さないは関係ないかも知れませんが念のため...


解答



年金と不動産の所得金額の合計額から配偶者控除、扶養控除、基礎控除その他の所得控除を差し引き、税金がでなければ申告はいりません。

祖父上様の方の年齢や年金収入金額や不動産の所得金額しだいです。

ちなみに不動産所得の金額は賃貸収入から必要経費(減価償却費、修繕費、固定資産税で1部屋相当額)を引いた金額となります。
月1万円くらいでしたら、まず申告は必要はないでしょう。

また、祖父の方と同居でしたら、祖父の方の賃貸収入にはなりますが、あなたの事業所得からは引くことはできない所得税法の規定になっています。
会社ですと経費になりますが。







相談事例一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています