【会計Info】経理・税務会計情報サイト

相談事例

141215


年末調整の立替金の処理について



相談内容


前期からの繰越で立替金があります。
前期の帳簿を見ると年末調整の支払に立替金として現金を払ってありました。
会社が立て替えて社員に払ったということでしょうか?
そしてこのお金は税務署から戻ってきているものなのでしょうか?
それとも預かり金から処理するのでしょうか?
どちらにしても借方に立替金が残っていてもよいものなのでしょうか?
とても初歩的な質問で申し訳ありませんが教えていただけますでしょうか


解答


会社が立替えて社員に年末調整の還付金を支払ったものと推測されます。

1月分または2月分の納付する源泉所得税から差し引いて支払っている場合には
以下の仕訳が必要と思われます。
借方  預り金  /  貸方  立替金    

税務署へ還付請求していて振込まれている場合
借方 普通預金など  /  貸方 立替金   

どちらもない場合には、税務署に還付請求したほうがよいでしょう。
いずれにせよ、預り金勘定もあっていないものと推定されますので、確認してください。







相談事例一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています