【会計Info】経理・税務会計情報サイト 

HOME CONTENTS

消費税額の計算



納付する消費税額の計算


一般課税と簡易課税 計算概略
一般課税(原則的計算) (1)消費税額(国税)
 @ 課税標準額×4%=消費税額
 A 控除税額(課税仕入れにかかる消費税額)
 B @−A=納付税額(4%分)

(2)地方消費税額(地方税)
 @ (1)B×25%=納付すべき譲渡割額(1%分)

(3)消費税及び地方消費税の納付合計額
   (1)B(4%分)+(2)@(1%分)=実際の納付額
簡易課税(みなし仕入率による場合)

[基準期間の課税売上高が2億円以下で簡易課税制度を選択した場合]

注:基準期間とは前々年度の1年間の課税売上高(個人の場合は前々年の暦年(1/1〜12/31)による)
(1)消費税額(国税)
 @ 課税標準額×4%=消費税額
 A 控除税額
    (1)@×みなし仕入率(50%〜90%)
 B @−A=納付税額(4%分)

(2)地方消費税額(地方税)
 @ (1)B×25%=納付すべき譲渡割額(1%)

(3)消費税及び地方消費税の納付合計額
   (1)B(4%分)+(2)@(1%分)=実際の納付額



※【弥生給与ソフト】
 ・業務ソフトに関する無料相談実施中!
 ・まずはお試し!「弥生会計」無料体験版ダウンロードはこちら
 ・弥生給与ソフトシリーズの購入はこちらからどうぞ!






川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています