【会計Info】経理・税務会計情報サイト

税務会計ニュース

161020

またもや台風接近、被災中小企業者対策も記録的



 台風23号、24号がまた日本に接近してきています。

既に日本上陸した台風の数は過去最高となっていますが、経済産業省が措置している被災中小企業者対策の回数も、まさに「記録的」です。

 今年、日本に接近、上陸した台風での被害について、経産省が措置した被災中小企業者対策は6台風で7回。対象となっている台風と対象地域(都道府県)は以下の通りです。

■台風10号(徳島県)
■台風15号(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)
■台風16号(岡山県、広島県、香川県、愛媛県、宮崎県)
■台風18号(広島県)
■台風21号(三重県、兵庫県、愛媛県)
■台風22号(静岡県)

 <被災中小企業者対策の内容は>
対象となっている都道府県の政府系中小企業金融3機関(中小企業金融公庫、国民生活金融公庫、商工組合中央金庫)、信用保証協会、主要商工会議所、商工会連合会及び中部、近畿、四国の各経済産業局に特別相談窓口を設置。

災害により被害を受けた中小企業者を対象に、政府系中小企業金融3機関の災害復旧貸付や既往債務の返済条件緩和等を実施します。







戻 る(平成16年の記事一覧へ)




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています