【会計Info】経理・税務会計情報サイト

税務会計ニュース

160819

2004年上半期の話題商品ベスト10を公表 電通



 このほど、電通の消費者研究センターは、7月に実施したインターネット調査から「2004年上半期の話題商品」の分析を行い、今年上半期の話題商品ベスト10などを公表しました。

<今年上半期の話題商品ベスト10>
1位:アテネオリンピック、同
1位:DVDレコーダー
3位:にがり商品
4位:ペ・ヨンジュン(ヨン様)
5位:「ラストサムライ」
6位:「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
7位:ハルウララ
8位:「世界の中心で、愛をさけぶ」
9位:パケット定額制
10位:薄型テレビ

同センターでは、この調査結果を以下のように分析しています。

◆感情を揺さぶるカタルスシス
精神的にもスッキリしたい、開放されたいという消費者の欲求が強くなっている。(冬のソナタ、世界の中心で愛を叫ぶ、ハルウララなど)

◆戻ってきたゴージャス
景気見通しの好転傾向から、前向きな消費トレンドが復活の兆しを見せている。(デジタル一眼レフカメラ、プレミアムシャンプー、豪華旅行など)

◆技ありニッポン
日本ならではの技術力やデザイン力、着眼点などを備えた商品が話題になっている。(DVDレコーダー、超立体マスク、ビール風アルコール飲料など)

◆アノコロジー昭和の元気をもう一度
昭和の頃の活力、知恵、美意識を通じて、現代人の感性を繁くするリバイバル商品。(にがり商品、リバイバルドラマ、ラーメン集合施設など)

◆創快空感
受け身の「癒し」に変わり、積極的に快適空間を創ろうとする先取り的な動きが見える。(薄型テレビ、着うたケータイ、部屋干し関連商品など)







戻 る(平成16年の記事一覧へ)




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています