【会計Info】経理・税務会計情報サイト

HOME CONTENTS

退職所得の源泉徴収票合計表の書き方(平成22年分)

平成21年分と同じです。


退職所得の源泉徴収票・特別徴収票の提出


平成22年中に支払が確定した退職手当等の受給者が、法人の役員(取締役、監査役等であった者

注意1 退職所得の源泉徴収票は、上記にかかわらず、退職後1カ月以内にすべての受給者に交付しなければならない。
注意2 死亡退職により退職手当等を支払った場合には、相続税法の規定により、「退職手当金等受給者別支払調書」を提出することになりますので、この「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」の提出は必要ありません。
注意3 退職所得の源泉徴収票の税務署への提出期限は、退職後1カ月以内ですが、翌年の1月31日までに提出(1枚)して差支えありませんが、
退職所得の特別徴収票(同じ様式)は、退職後1カ月以内に市区町村に提出(2枚)します。


退職所得の源泉徴収票合計表の書き方



2 退職所得の源泉徴収票合計表(316)

区分 人員 支給金額 源泉徴収税額 (摘要)
該当がない場合は「該当なし」と記載したほうがよいでしょう。
A
退職手当等の総額
1人 10,000,000円 100,000円
B
Aのうち源泉徴収票を提出するもの
1人 10,000,000円 100,000円


見本
平成22年分 退職所得の源泉徴収票・特別徴収票
支払を受ける者 住所又は居所 東京都昭島市○○町5−12-6
平成22年1月1日
の住所
同上
フリガナ
氏 名
(役職名)        ○○△□
区分 支払金額 源泉徴収税額 特別徴収税額
市町村民税 道府県民税
所得税法201条・・・・ 10,000,000円 100,000円 26,800円 17,900円
退職所得控除額 勤続年数 就職年月日 退職年月日
800万円 20年 平成2年4月3日 平成22年12月20日
(摘要)
支払者 住所又は所在地 東京都○○市○○町4-20-3
氏名又は名称 ○○○○株式会社         (電話)








川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています