【会計Info】経理・税務会計情報サイト

不動産業の経理・仕訳の仕方


その1 その2 その3 仕訳例(新築物件) 仕訳例(中古物件) 仕訳例(転売物件)

土地(取り壊す古家ある場合を含みます)を仕入れて、そのまま転売する場合の仕訳をみて見ましょう。

 1.土地を30,000,000円で仕入する契約をしました。
手付金3,000,000円を支払いました。
(借方)前払金(補助科目) 3,000,000 (貸方)現預金 3,000,000

 2.仕入れに伴う仲介手数料 1,008,000円のうち半金の 504,000を支払ました。
(借方)前払金(補助科目) 504,000  (貸方) 現預金 504,000

 3.収入印紙 10,000を購入しました。
(借方)租税公課(不課税) 10,000 (貸方) 現金 10,000

 4. 残金支払・所有権移転登記時の経理処理
 (借方)販売用不動産(補助科目・非課税仕入) 30,000,000
       (貸方)前払金(補助科目) 3,000,000
            現預金        27,000,000

 5. 残りの半金の仲介手数料の支払の経理処理
 (借方)販売用不動産(非課税売上に対応する課税仕入) 1,008,000
        (貸方)前払金(補助科目) 504,000
             現預金         504,000

 6. 固定資産税精算金
  (借方)販売用不動産(非課税入) 50,000
      (貸方)  (現金) 50,000

 7. 所有権移転時の付随費用
 イ.  司法書士に支払う抵当権設定・所有権移転の報酬
 (借方)支払報酬または支払手数料(共通仕入) 85,000
     租税公課  100,000
      (貸方)預り金(源泉所得税の補助科目) 7,500
           現預金(補助科目) 177,500

 8. この土地をそのまま34,000,000転売する不動産売買契約をしました。
手付金3,000,000を受取りました。
(借方) 現金 3,000,000 (貸方)前受金(補助科目) 3,000,000

 9. 販売に係る仲介手数料 1,134,000円のうち半金 567,000円を支払いました。
 (借方)前払金(補助科目) 567,000  (貸方)現金 567,000

 10.引渡し日に売買残金 31,000,000を受け取りました。
 (借方)現預金 31,000,000 
     前受金   3,000,000
       (貸方)不動産販売収入(土地・非課税) 34,000,000

 11.販売に係る仲介手数料 残金 567,000円を支払ました。
 (借方)販売支払手数料(非課税売上に対応する課税仕入)
          1.134.000
 (貸方) 現金・預金 567,000
       前払金   567,000

 12.不動産販売原価への振替
 (借方) 不動産販売原価(不課税) 31,058,000
       (貸方)販売用不動産(補助科目・不課税) 31,058,000

 13.抵当権の抹消費用
  司法書士への報酬 21,000円(源泉税1,000) 登録免許税 25,000円を支払う。
(借方)支払手数料 21,000 (貸方)現金 45,000
    租税公課   25,000      預り金 1,000


※【弥生会計ソフト】
 ・業務ソフトに関する無料相談実施中!
 ・まずはお試し!「弥生会計」無料体験版ダウンロードはこちら
 ・弥生会計ソフトシリーズの購入はこちらからどうぞ!





川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています