【会計Info】経理・税務会計情報サイト  

タックスニュース
2015.05.12


《コラム》専業主婦の年金に新しい手続きが開始



特例期間該当届・特例追納制度

 今までサラリーマンの配偶者に扶養されている専業主婦(主夫)で国民年金の3号被保険者であった人が1号被保険者への切替の事由が発生した際に手続きを忘れていて、気がつかないうちに保険料未納期間になってしまっていたようなケースが多々ありました。

後から気がついても保険料納付遡り期間は2年間とされていたためそれより前の期間は納める事ができませんでした。

 このような場合の救済措置として4月から遡り追納期間が10年になりました。


このような場合に手続き漏れが多い

ケース1 サラリーマンの夫が

・退職した
・脱サラして自営業を始めた
・65歳を超えた
・亡くなった
・サラリーマンの夫と離婚した

ケース2

・妻自身の年収が増えて夫の健康保険の被扶養者からはずれた(妻が会社員、夫が専業主夫の場合も同様)
 
 このような時は本来国民年金の切替の手続きを行わなければならないのですが、手続きを忘れ未納期間が発生してしまった方も追納の手続きができるようにしたのです。


手続きの必要のある方は

 夫が退職した時や妻の年収が増えた時等は第3号被保険者から第1号被保険者への切り替え手続きが必要ですが、手続きが遅れて、2年以上たってしまい保険料納付ができずに未納期間扱いとなってしまった方です。


手続きのメリットは

@未納期間があるため年金加入期間が足らず年金を受け取れないと言う事態を回避できる場合があります。

たとえ保険料を納めなくとも「特定期間該当届」の手続きをすれば年金額は変わりませんが受給資格期間には算入できます。

A保険料の追納で年金額を増やす事ができます。

届出を忘れていた特定期間について「後納・特定保険料納付申込書」の手続きで最大10年分保険料を納める事ができるので年金額に反映されます。



記事提供:ゆりかご倶楽部



5月12日朝時点での新着情報は、以下の通りです。

国税庁ホームページ掲載日:平成27年5月11日

●美術品等についての減価償却資産の判定に関するFAQ(平成27年5月)を掲載しました。

●税務職員採用試験の試験概要を更新しました

●「国税電子申告・納税システム(e-Tax)ご利用案内(平成27年4月)(PDF/1,173KB)」を掲載しました

●インターネット番組「相続税の申告要否判定コーナー」を利用した申告要否の確認を掲載しました

●インターネット番組ダイジェスト版を掲載しました。

●「相続税の申告要否判定コーナー」を掲載しました。

●「相続税の申告要否判定コーナー ご意見・ご感想」を掲載しました。



国税庁HP新着情報
平成27年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています