【会計Info】経理・税務会計情報サイト  

タックスニュース
2013.11.11b


サザエさん一家の銅像が課税免除



 東京・世田谷区のサザエさん一家の銅像に対する課税問題で、都は年60万円の固定資産税を銅像に課す方針から一転、課税免除を決めました。

納付済みの15万円を除く45万円が免除されたそうです。

 サザエさん一家の銅像への課税問題は、銅像12体を所有していた桜新町商店街振興組合に対して、都が今年6月3日付けで「固定資産税納税通知書(償却資産税)」を届けたことが発端。

この通知書には計算内訳明細の記載がないため、商店街振興組合が問い合わせたところ、銅像12体に対する税額が含まれていることが分かりました。

 世田谷都税事務所の判断は、銅像が商店街のPRのための事業用資産というものです。

銅像の取得価額が合計約4千万円で、このうち都と区が補助金約2800万円を支出していました。

銅像部分の償却資産額を計算すると、耐用年数45年の建築物として、累計約983万円を納税することになっていました。

 商店街振興組合は、銅像の目的は商店街のPRではなく地域振興であると説明。
また、銅像の無償貸与契約を区と締結しました。
これらが認められ、課税免除になりました。

 ちなみに、鳥取・境港市の水木しげるロードに設置された妖怪153体や、東京・葛飾区の亀有商店街に立つ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の登場人物14体の銅像には、償却資産税は課税されていませんでした。


<情報提供:エヌピー通信社>



記事提供 ゆりかご倶楽部





平成25年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています