【会計Info】経理・税務会計情報サイト  

タックスニュース
2013.09.09


自動車の車体課税見直しなど求める 国土交通省



 国土交通省は8月27日、平成26年度の「予算概算要求概要」と「税制改正要望事項」を公表しました。

予算の概算要求では「東日本大震災からの復興加速」「国民の安全・安心の確保」「経済・地域の活性化」を三本柱として据え、被災地の復興に全力で取り組むとともに、防災・減災や老朽化対策を推進することで安全・安心の確保を図るとしています。

概算要求の規模は一般会計として公共事業関係費が5兆1986億円(前年度対比17%増)、非公共事業費が6605億円(同13%増)の合計5兆8591億円(同16%増)となっています。

 税制については、「安全・安心の確保と地域活性化」「成長戦略の推進」「クリーンで経済的なエネルギー社会の実現」を主要項目として挙げたうえで、

「土地の有効利用の促進」「住まいの質の向上・無理のない負担での住宅の確保」「耐震等の設備投資の促進・産業競争力の強化」「自動車の車体課税の見直し」などを図るための改正を要望しています。

 このうち自動車の車体課税の見直しについては、消費税増税法や平成25年度与党税制改正大綱などに沿って、国と地方を通じた関連税制のあり方を見直し、「安定的な財源を確保したうえで、地方財政にも配慮しつつ、簡素化、負担の軽減、グリーン化等を図る観点」から、「自動車取得税は2段階で引き下げ、消費税率が10%となった時点で廃止する」

「消費税率が8%の段階では、エコカー減税の拡充などグリーン化等を強化する」ことを要望しています。

また、自動車重量税については、「エコカー減税制度の基本構造を恒久化する」「消費税率が8%の段階では、一層のグリーン化等の観点から、燃費性能等に応じて軽減する等の措置を講じる」ように要望。

さらに、自動車税については、グリーン化特例の延長など、「グリーン化等を維持・強化」するように求めています。


<情報提供:エヌピー通信社>



記事提供 ゆりかご倶楽部





平成25年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています