【会計Info】経理・税務会計情報サイト  

タックスニュース
2013.05.16


国税庁:2011事務年度の相互協議の状況を公表



 国税庁は、2011事務年度(2011年7月から2012年6月までの1年間)の相互協議の状況を公表しました。

 それによりますと、相互協議事案は143件(前事務年度157件)発生し、うち事前確認に係るものが112件(同135件)と、全体の発生件数の約80%を占めました。

10年前の2001事務年度と比べますと、相互協議件数で1.6倍、事前確認に係る相互協議件数で2.7倍と増加傾向にあります。

 ただし、この2年間は、主に事前確認の減少により発生件数は全体として減少しております。

 移転価格税制は、法人と関連企業(国外関連者)との取引が第三者間の取引価格(独立企業間価格)と異なる場合、その取引価格を正常な価格に引きなおして課税する制度ですが、相互協議は移転価格課税における二重課税を防ぐため、国税庁が外国の税務当局と交渉するものです。

 また、事前確認とは、納税者が税務当局に事前に申し出た独立企業間価格の算定方法を税務当局が確認した場合には、移転価格課税は行わないという制度です。

 また、2011事務年度に相互協議が終了した処理件数は、前年度より7件少ない157件、事前確認に係る相互協議の処理件数は同7件多い135件となり、全体の処理件数は、過去最多でした前年度よりやや減少したものの、事前確認に係る相互協議の処理件数は過去最多となりました。

 事案の処理に係る期間は、1件当たり25.1箇月で、そのうち事前確認に係る相互協議事案の処理に係る期間は、同様に1件当たり23.6箇月となっております。

処理件数157件を業種別にみますと、「製造業」が全体の55.4%を占める87件、「卸売・小売業」が同27.4%の43件などでした。

対象取引別の内訳をみますと、「棚卸取引」が同45.6%の94件、「役務提供取引」が同29.6%の61件、「無形資産取引」が同24.8%の51件でした。

 2012年度に繰り越した件数は、事前確認が289件、移転価格課税が51件、その他が19件で、合計では前年度より14件少ない359件となりました。


(注意)
 上記の記載内容は、平成25年4月11日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。



記事提供 ゆりかご倶楽部





平成25年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています