タックスニュース
2012.03.05b


エコカー補助金制度はエコに役立つの


第4次補正予算で盛り込まれた「エコカー補助金」の申請受付開始が、4月2日からになりました。

各自動車メーカーでは、該当する車種の一覧をホームページ上などで紹介しています。

エコカー補助金は、平成23年12月20日から25年1月31日までに新規登録した自動車(軽自動車含む)で、一定の環境要件を満たした車種を対象に支給される制度です。

乗車定員が10人以下の乗用車や車両総重量が3.5トン以下のトラック・バスの場合、10万円(軽自動車は7万円)が支給されます。

 環境用件として挙げられているのは、「平成27年度燃料基準の達成」、または「22年度燃料基準25%超過達成」。

このほか、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車、天然ガス自動車、燃料電池自動車、クリーンディーゼル自動車も対象になります。

車両総重量が3.5トンを越えるトラック・バスについても、重量ごとに「小型」20万円、「中型」40万円、「大型」90万円が支給されます。

 補助金の交付を受けた新車は、車検証上の使用者名義を変更せず、同じ人が1年間使用することを原則としています。

違反者には返納義務が生じます。
申請締切は平成25年2月28日で、申請総額が予算額を超えた時点で募集終了となります。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供 ゆりかご倶楽部






平成24年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています