タックスニュース
221110


eLTAX:11/18から11/25までサービス一時停止


 インターネットにより、地方税の申告納付ができる「地方税ポータルシステム」(eLTAX)が、11月18日(木)から11月25日(木)までの間、システムの機器等の全面入れ替えのため、サービスが一時停止される旨の報道がありました。

 システムを運用する社団法人地方税電子化協議会によりますと、運用開始から5年が経過して機器の耐用年数や特別サポート期間が満了することや4月に全国すべての市町村が同協議会に加盟したことによって、今後のサービス利用件数の増加に対応する必要があることなどから、上記期間中にサーピスをいったん停止し、機器の入れ替えやデータの移行作業等を行うとしております。

 そして、11月26日以後は、利用時間が1時間延長され、8:30から21:00となり、Windows7とInternet Explorer 8 の利用ができるようになるとのことです。

 11月末が申告期限となる9月決算法人の法人住民税・事業税の確定申告、3月決算法人の9月中間(予定)申告、利用届や電子納税、電子申請・届出、事業所税、給与支払報告書などの利用もできませんので、くれぐれもご注意ください。


(注意)
 上記の記載内容は、平成22年10月27日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。


記事提供 ゆりかご倶楽部







平成22年11月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています