タックスニュース
220519b


国税庁:平成22年度第1回インターネット公売の概要を発表


国税庁は、平成22年度第1回インターネット公売の概要と平成21年度の実施結果を発表しました。

 それによりますと、平成21年度のインターネット公売は計4回実施されており、延べ7,000人以上の参加申し込みがあり、全公売財産1,013物件のうち618物件が落札され、落札総額は3億1,909万円となりました。

 平成22年度の第1回インターネット公売の対象財産は、絵画、時計、自動車などの動産が全167物件、見積価額の合計は2,246万円で、不動産等においては、宅地やマンションなど全77物件、見積価額の合計は2億8,757万円となっています。

 公売情報ホームページ(http://www.koubai.nta.go.jp/)によりますと、平成22年度の第1回インターネット公売スケジュールは下記のとおりです。

 @公売参加申込期間:5月17日(月)13:00〜5月27日(木)17:00
 A買受申込期間:6月4日(金) 13:00〜6月7日(月) 13:00
 B最高価申込者の決定日:6月9日(水)10:00
 C買受代金の納付期限:6月21日(月)14:00

 平成22年度インターネット公売も、平成21年度同様、計4回実施される予定で、第2回以降はそれぞれ平成22年9月、10月、平成23年1月ごろ(いずれも予定)となっております。
興味のある方は上記ホームページをご参照ください。


記事提供 ゆりかご倶楽部








平成22年5月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています