タックスニュース
220716b


立退き料もらったら 所得区分に注意


 「老朽化した賃貸ビルを建て替える」というのはよくある話ですが、賃貸契約が途中で解除されるとなると、入居者にとっては大変なこと。急いで次の入居先を探さなければならないだけでなく、引越費用もバカになりません。

店舗や事務所として借りていた入居者であれば、一時的に営業を中断しなければならないケースも考えられます。

 ビルの建て替えなどを理由に賃貸契約が解除される場合、ビルオーナー側から入居者に対して「立退き料」が支払われるのが通例ですが、個人が受け取った場合はもちろん所得税の課税対象となることを忘れてはいけません。

しかも、受け取った立退き料の所得区分は、その中身や性格により3パターンに分かれるので注意が必要です。

 たとえば、立退き料が「家屋の明渡しによって賃貸借の権利が消滅することに対する補償金」として支払われたものであれば、所得区分は「譲渡所得」となります。

また、「立ち退きに当たって必要となる移転費用の補償金」としての性格を持つ立退き料については、「一時所得」です。

さらに、「その家屋で行っていた事業が休業・廃業となったことによる営業収益の補償金」としての性格を持つものであれば、「事業所得」となります。

 なお、立退き料の支払いが消費税の課税取引となるのかどうかという点も気になるところです。

これについては、消費税基本通達5−2−7の中で明確化されています。
立退き料とは「賃貸借の権利が消滅することに対する補償、営業上の損失又は移転等に要する実費補償などに伴い授受されるものであり、資産の譲渡等の対価に該当しない」とされており、消費税の不課税取引となります。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供 ゆりかご倶楽部








平成22年7月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています