タックスニュース
211029


20年度の法人税 黒字申告割合が初の30%割れ



 国税庁が「平成20年度における法人税の申告事績について」を公表しました。

それによると、平成20年度の法人税は、申告所得金額、申告税額とも前年度から大きく落ち込んでいるようです。

 なお、今回の公表より、集計対象期間が従来の7〜6月申告ベース(7月1日〜翌年6月30日までに申告があったもの)から、4〜3月決算ベース(4月1日から翌年3月31日までに終了した事業年度)に変更になっています。

従って、今回の公表は「平成20年4月1日〜同21年3月31日までに終了した事業年度に係る申告」についての集計結果ということになります。

 公表によると、平成21年6月現在の法人数は300万2千社でほぼ前年同月並み。

この1年で法人の数はあまり変わっていません。
平成20年度に法人税を申告した件数も280万5千社で前年度比0.2%の微減です。

 しかし、その申告のうち納税額があった申告(黒字申告)の割合はなんと29.1%。

初めて3割を下回り過去最低となりました。
さらに、黒字企業1件あたりの所得金額4653万円が前年度の6470万円に比べて28.1%も減少しました。

一方、赤字企業1件あたりの欠損金額は1546万円で、前年度の871万円に比べて78.5%も悪化しています。

 その結果、申告所得額は37兆9874億円で前年度の58兆8244億円より35.4%(20兆8370億円)減と大幅に減少。

申告税額も9兆7077億円で前年度の14兆5321億円より33.2%(4兆8244億円)減と大幅に減少しています。


参考URL
法人税等の申告(課税)事績の概要


ゆりかご倶楽部







平成21年10月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています