タックスニュース
211016b


新政権での税制改正論議がスタート



 平成21年度の第1回政府税制調査会(会長 藤井財務相)が10月8日に開催され、平成22年度税制改正に向けた本格的議論がスタートしました。なお、同日をもって政権交代前の政府税制調査会は廃止されています。

 政府税制調査会は、国や地方の税制に関する事項を調査・審議する首相の諮問機関です。

ただ、前政権においては与党の税制調査会が実質的に税制改正を取りまとめていたため、政府税制調査会はどちらかというと中期的な視点で税制のあり方を考える役割を担っていました。

 今政権はこの2つの税制調査会を一本化。
国税を所管する財務省と地方税を所管する総務省の大臣、副大臣、政務官、および各省庁の担当副大臣をメンバーとした新しい政府税制調査会を設置し、税制改正を一元的に取りまとめていく方針です。

 今回、鳩山首相は、政府税制調査会に「マニフェスト(三党連立政権合意書を含む)の実施」「既得権益の一掃」「所得税の控除のあり方を根本から見直す」「国と地方が対等なパートナーとして地域主権を確立」など7項目について諮問しています。

これを受けて、政府税制調査会では、ガソリン税などの暫定税率の廃止、租税特別措置法の抜本的見直し、所得税の扶養者控除等の見直しなどを議論されることになります。

また、各省庁にも税制改正要望の見直しを10月末までに提出するよう要求しました。

 なお、政府税制調査会の会議は原則として傍聴、およびインターネット中継で公開されるそうです。


ゆりかご倶楽部


参考URL
政府税制調査会








平成21年10月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています