タックスニュース
211008


経産省が来年度税制改正について異例の要望募集



 経済産業省が来年度税制改正意見をまとめるにあたり、経済産業政策に関連する税制改正要望を10月14日まで広く募集しています。

また、金融庁でも同様の意見募集を10月9日まで行っています。

 通常、各省庁の税制改正意見は、翌年度予算の概算要求に添えて8月末までに財務省に提出されます。

ところが、今年は自民党から民主党に政権が替わり、各省庁が提出した予算の概算要求が白紙撤回されることになりました。

それに伴い、各省庁の税制改正に対する意見も作り直すことになったことから、今回の要望(意見)募集となったわけです。

 経済産業省、金融庁とも、要望(意見)は電子メールまたは書面で受け付けられ、電話やFAXでの要望は受け付けていません。

要望の様式(フォーマット)は経済産業省、金融庁のホームページからダウンロードできます。

受付期間は経済産業省が10月14日(ヒアリングを希望する場合は10月8日)まで。
金融庁は10月9日までです。


参考URL
経済産業省
金融庁


ゆりかご倶楽部







平成21年10月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています