タックスニュース
210529


今年9月分からの健康保険(協会けんぽ)の料率に注意



 昨年10月、中小企業等で働く従業員やその家族が加入していた政府管掌健康保険について、運営が従来の国(社会保険庁)から全国健康保険協会に変わり、協会けんぽという名前(愛称)になりました。

それに伴い、今年の9月分以降の健康保険料が都道府県ごとに違ってきますので注意が必要です。

 現在、協会けんぽの健康保険料率は、昨年10月時点の保険料率8.2%が全国一律で適用されています。

しかし、今年の9月分の保険料(10月納付分)からは都道府県ごとに地域の医療費事情を反映した保険料率になります。

一定の激変緩和措置がとられてはいますが、基本的に年齢構成が高い等の理由で地域の医療費負担が多かったり、所得水準の低い都道府県については保険料率が高くなることになります。

 具体的には、現行の保険料率8.2%より高くなるのが20道府県で、低くなるのが21都府県。

6県については現行と変わらず8.2%の保険料です。

ちなみに、もっとも保険料率が高くなるのは北海道の8.26%、もっとも低くなるのは長野県の8.15%です。

 この保険料は「疾病の予防などにより、加入者の医療費が下がれば、下げることが可能となる仕組みになっている(全国健康保険協会)」とのことです。

 なお、40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)は、これに全国一律の介護保険の保険料率(1.19%)が加わりますが、この料率に変更はありません。


ゆりかご倶楽部


(都道府県単位保険料率)

北海道

8.26%

滋賀県

8.18%

青森県

8.21%

京都府

8.19%

岩手県

8.18%

大阪府

8.22%

宮城県

8.19%

兵庫県

8.20%

秋田県

8.21%

奈良県

8.21%

山形県

8.18%

和歌山県

8.21%

福島県

8.20%

鳥取県

8.20%

茨城県

8.18%

島根県

8.21%

栃木県

8.18%

岡山県

8.22%

群馬県

8.17%

広島県

8.22%

埼玉県

8.17%

山口県

8.22%

千葉県

8.17%

徳島県

8.24%

東京都

8.18%

香川県

8.23%

神奈川県

8.19%

愛媛県

8.19%

新潟県

8.18%

高知県

8.21%

富山県

8.19%

福岡県

8.24%

石川県

8.21%

佐賀県

8.25%

福井県

8.20%

長崎県

8.22%

山梨県

8.17%

熊本県

8.23%

長野県

8.15%

大分県

8.23%

岐阜県

8.19%

宮崎県

8.20%

静岡県

8.17%

鹿児島県

8.22%

愛知県

8.19%

沖縄県

8.20%

三重県

8.19%

 








平成21年5月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています