タックスニュース
201015


銀行を理解しなければ生き残れない



好業績で倒産する

 経営者や経理の銀行窓口責任者が、もしも『お宅の銀行が、メインバンクなのに・・・』などの表現を使ったならば、銀行の担当者は『この会社は、危ない!』と、考えるかもしれません。

 そんな危険な発想は他にもあります。

危険な発想・企業側の勘違い

@長い付き合いだから
A返済が1回も遅れたことがないから
B支店長とツーカーの仲だから

 このような情緒的なことで、金融機関と付き合っていけた時代はありましたが、今はもう無理です。

 さらに「増収に伴う売掛債権分の資金不足」「設備投資資金」つまり、積極的経営に対する資金需要のケースでは、『きっと金融機関は前向きに対応してくれるはず』と、企業側は勘違いをしてしまいます。

金融機関の置かれている環境や視点を理解していない中小企業は、大きなリスクを背負うことになります。

銀行の視点

銀行の視点は、
@キャッシュフロー経営として期待している健全性を持っているか。
A健全性の改善方向に向かっているか。
B企業経営者が収益活動の中にきちんと財務改善を意図しているのか
ということに帰結します。







平成20年10月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています