タックスニュース
201118b


節目の年齢で手続をお忘れなく



社会保険・給与計算時、到達年齢による確認事項

 社会保険・労働保険には、年齢により新たに保険料を控除したり、控除しなくなったりという、節目の年齢があります。

これを覚えておくと、給与計算時に漏れることなく処理することができます。
確認してみましょう。

満40歳

 健康保険の介護保険料の控除を始める年齢です。
通常誕生月の翌月の給与より控除を開始します。

満60歳

 最近は定年の延長をする会社が増えてきましたが、一般的には満60歳を定年とし、退職か再雇用をする企業が多いと思います。

再雇用の場合は定年前に給与額や勤務日数、仕事の内容等について話し合われる必要があるでしょう。

働きながら年金を受給したい場合は、給与額により在職老齢年金が支給となります。

満64歳

 その年の4月1日現在に満64歳に到達していた方は、その4月より本人、会社とも雇用保険料負担がなくなり、控除の必要がなくなります。

又、失業給付は65歳以降に退職した場合は「高年齢求職者給付金」として一時金支給となりますが、64歳のうちに退職した時に受ける基本手当の6割程度となってしまいます。

満65歳

 65歳以降も社会保険に加入していた場合は、給与額に関係なく厚生年金の定額部分は全額支給されるようになります。

報酬比例部分の在職老齢年金の上限も上がり支給額も上がります。

介護保険料は年金からの控除となるので会社での控除は終了します。

満70歳

 70歳以降も社会保険に加入していた場合でも、65歳以降と同じく在職老齢年金の制度は継続されます。

但、厚生年金保険料の給与からの控除は終了します。

なお、「厚生年金保険70歳以上被用者算定基礎・月額変更・賞与支払届」を必要な時期に提出しなければなりません。







平成20年11月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています