タックスニュース
200619


入院費をカード払い 医療費控除になるの?



 失って始めて気付くものに「健康」があります。
万一に備え、医療保険などに加入している人も少なくありませんが、こうした備えもなく、ある日突然、病を患い入院を余儀なくされるケースも多いのが現状です。
こんなとき、困るのが、高額な医療費の支払いです。

 ここ数年は、診察料や入院費のクレジットカード払いが可能な病院も増えたことから、医療費をカード払いする人も一般的になってきました。

カードならば、リボ払いも可能であるほか、マイレージが貯まるなど、さまざまなポイント制度もあり、単に現金で支払うよりもおトクです。

 ところで、診療費や入院費などをカードで支払った場合、2〜3 回程度の分割払いならば金利・手数料がかかりませんが、それ以上の分割払いになればローン扱いとなり、利息が発生します。
カードローンは利率も高く、医療費が高額ならば、それに伴い利息も大きなります。

 そこで、このカードローンに伴い発生した利息について、税務上「医療費」として含めることができるのか、疑問を持つ納税者も少なくありません。

これについて税務当局は、「医療費控除における医療費に利息分は含まれない」としています。
というのも、医療費控除は、医師などに対する診療、治療の対価を支払った場合に認められるものであって、カードローンに伴う利息は、対象外とことからです。







平成20年6月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています