タックスニュース
200610b


FXとは何者?



◆脱税ニュース相次ぐ
 外国為替証拠金取引のことを通称『FX』と呼んでいます。
昨年FXによる脱税ニュースが巷を騒がせました。
脱税額も億円単位の話です。

なかには主婦や高齢者の方が対象となっています。
脱税するからには、それ以上の儲けが出ているのが当たり前のはずです。
どうしてそんな利益が可能なのか、FXとは何者か、どのような取引なのか知っておいて損はないと思います。

◆外貨預金との違い
 FXとは、1998年の外為法改正によって生まれた歴史の浅い取引です。
よく混同しやすいのが外貨預金ではないでしょうか。
外貨預金は円をドルに換えて保有し、決済のときにドルを円に換えて元本と利息を受け取ります。

FXの場合は、取引業者に預けたお金は損を出した場合の担保として保管されます。
決済の時に為替の差額部分とその間の利息部分を受け取る又は支払うことになります。

つまりFXは差金決済となります。
差金決済である以上、元本を全部必要とはせず少額で取引を行うことが出来ますので、大きな利益を生むこともあり、大きな損失を被ることもあります。

例えば100万円を差金担保として拠出した場合、元本は1億と言う外貨預金で取引していると決めることも可能です。

また、外貨預金の場合は買いから入ることしか出来ませんが、FXは買いからも売りからも入ることが出来ます。
つまり、円高になると予想すれば、ドルを売って円を買うという取引を行うことが可能となるわけです。

◆スワップ金利とは
 FXの利益の源泉は大きく分けて二つあります。
一つは為替差益を享受することと、もう一つはスワップ金利を享受することです。

スワップ金利とは二国間の金利の差をいいます。
ドルを買って円を売った場合、アメリカが2%の政策金利で日本が0.5%の政策金利だとすると、年1.5%の金利が毎日口座に反映する仕組みとなっています。

逆に円を買ってドルを売った場合、年1.5%の金利を毎日口座から差し引かれることになります。
高金利通貨を買って、低金利通貨の日本円を売ることにより、スワップ金利を大きく享受しようという戦略も考えられます。








平成20年6月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています