タックスニュース
200605b


事業承継支援センターが全国一斉にスタート



 「あらゆる事業承継のニーズに対しワンストップサービスを行う」事業承継支援センターが、5月30日より全国一斉にスタートしています。

 事業承継支援センターは、中小企業庁が推進する「平成20年度地域力連携拠点事業」において、地域力連携拠点が行う事業のひとつ。

「後継者不在による廃業に伴う雇用・技術の喪失を防止するため、あらゆる事業承継のニーズに対応したワンストップサービスを応援コーディネーター中心に行う」ものです。

 具体的には、(1).相談窓口や巡回相談による相談事業、(2).専門家の派遣、(3).地域単位での各種調査、(4).廃業の危険性がある企業と開業希望者のマッチング、(5).若手後継者対象のセミナー開催、−などを実施します。

 地域力連携拠点には、全国の商工会議所、商工会、都道府県中小企業支援センター、地方銀行、信用金庫、中小企業団体などから316カ所が選ばれ、そのうち102カ所に事業承継支援センターが併設されています。

事業承継センター以外の地域力連携センターでも上の(1)、(3)、(5)の事業を実施しているところがあるようですが、その場合には、事業承継支援センターという名称は使われていません。

 なお、地域別の地域力連携拠点や事業承継支援センターについては、中小企業庁のホームページから見ることができます。


参考URL
中小企業庁 当該情報







平成20年6月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています