タックスニュース

200227b


「年度末金融円滑化ホットライン」を開設 金融庁



 金融庁が2月27日より「年度末金融円滑化ホットライン」を開設しました。
これは2月20日に政府がまとめた年度末における中小企業対策の一つで、「年度末金融に関する、中小企業など借り手の声を電話により幅広く聞く相談窓口」として開設されたものです。

 簡単に言うと、中小企業が金融機関から「貸し渋り」や「貸し剥がし」などを受けた場合の相談を受付け、必要に応じて金融機関への指導や監督を行ってくれる窓口です。

個別のトラブル等について金融機関にあっせん、仲介、調停を行ってくれるわけではありませんが、他の金融機関等を紹介してくれたり、アドバイスをしてくれるそうです。

また、相談件数が増えてくれば、良い意味で金融機関に対する圧力になってくれるという期待感もあります。

 なお、年度末金融円滑化ホットラインの概要は以下の通りです。

◆開設期間:平成20年2月27日〜平成20年3月31日
◆受付時間:平日10:00〜16:00
◆電話番号:03−5251−7755
◆受付内容:銀行、信用金庫、信用組合の融資等の取引にかかる相談


参考URL
年度末金融円滑化ホットラインの開設につい







平成20年2月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています