タックスニュース
200829


「労働条件通知書モデル様式」が一部改定



 労働基準法(第15条)では、「使用者は、労働契約の締結に際し労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない」と定められており、

同法施行規則(第5条)では、「労働契約期間」、「就業場所、従事業務」、「始業、終業時刻」、「賃金」、「退職」など、書面にて交付しなければならない事項について定められています。

 交付する書面の書式は自由ですが、厚生労働省が公開している「労働条件通知書モデル様式」を利用している企業は少なくないでしょう。

 この「労働条件通知書モデル様式」の一部が改定されています。同様式を利用している企業は確認しておいた方が良いでしょう。

なお、改定内容については、労務安全情報センター労務安全資料室が解説していますので、参考にしてください。

それほど大きな変更は無いようですが、賃金の項目に「賃金の支払方法」、退職の項目に「継続雇用制度の有無」が、それぞれ追加されるなどの改定がなされているようです。



参考URL
労省 労働基準法関係主要様式
労務安全情報センター労務安全資料室







平成20年8月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています