【会計Info】経理・税務会計情報サイト  

タックスニュース
Thursday, March 9, 2017


国税庁:2015事務年度の無申告者に対する実地調査を公表



 国税庁は、2015事務年度(2016年6月までの1年間)に実施した高額・悪質と見込まれた無申告者に対する実地調査を公表しました。

 それによりますと、7,445件(前事務年度7,589件)実地調査をし、申告漏れ所得金額の総額は1,465億円(前事務年度1417億円)把握しました。

 追徴税額は、総額で150億円(同137億円)で、1件当たりでは202万円(同181万円)でした。

 2015事務年度は実地調査全体(特別・一般)が4万8,043件行われていますので、全体の約16%が無申告者に対する調査に充てられ、実地調査全体の申告漏れ所得金額4,522億円の約32%が無申告者に係るものでした。

 1件当たりの申告漏れ所得金額は1,968万円となり、前事務年度の1,867万円から5.4%増加しました。

 前事務年度に比べて調査件数は1.9%減少しましたが、申告漏れ所得金額の総額は3.4%増となりました。

 事例として、副業で行っていたネット販売を申告していなかった事例があがっております。


記事提供:ゆりかご倶楽部







国税庁HP新着情報



財務省 各年度別の税制改正の内容
ご意見箱 財務省
2017年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています