【会計Info】経理・税務会計情報サイト  

タックスニュース
2017.01.17


《コラム》10年で年金受給権ができる



新たに64万人が年金受給

 年金の受給資格を得るのに必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する改正年金機能強化法が成立しました。

老齢基礎年金の納付期間は現在の25年から10年に短縮されました。

平成29年8月から施行され10月に第1回目が支払われます。

 日本では「無年金者」(無年金見込者含む)は118万人と推計されています。

65歳以上の無年金者の約6割は保険料納付期間が10年未満です。

平成29年8月以降は25年の年金受給資格期間を充たさない無年金の高齢者も10年以上の加入期間(免除・猶予・カラ期間を含む)があれば保険料を納めた期間に応じた年金が支給されることになります。


外国の年金加入期間

 外国での年金受給資格期間はアメリカの約10年、イギリスでは一定以上の収入の人が加入する事となっており加入期間は特になく、ドイツの加入期間は5年、フランスやスウェーデンは加入期間の決まりはありません。

今後少子高齢化の日本では労働力人口が減少し、保険料収入も縮小すると考えられます。

そして他国からの外国人の受け入れ人数が増えて行くものと考えられます。

他国の方が日本で働き、本国に戻って65歳から日本から年金が受けられたら魅力的でしょう。


いくら受給できるか

 新たに受給できるようになるのは保険料を払った期間が10年以上25年未満の人で、過去にさかのぼっては受給できません。

 年金額は保険料の納付期間に応じて支払われます。

国民年金の場合は加入期間が10年で月約1万6千円、20年で約3万2千円、40年では満額の6万5千円となっており、10年で支給された額では生活費の補てん程度にしかなりません。

また、10年で受給ができるなら満額まで納めなくともよいと考える人も出てきそうです。

 手続は加入が10年以上あった方は年金の請求書が送られてきますので、記入押印して年金事務所に提出します。

しかし保険料免除やカラ期間を含めて10年以上になる方には請求書は送られてこないので自身でカラ期間の確認を行い、請求する事が必要です。


記事提供:ゆりかご倶楽部







国税庁HP新着情報
1月17日朝時点での新着情報は、以下の通りです。

国税庁ホームページ掲載日:平成29年1月16日

●酒類の輸出統計(平成28年11月分)を掲載しました
●酒税課税関係等状況表(平成27年度分)を掲載しました
●酒税課税状況表(平成28年度10月分)について
●マイナポータルとe-Taxがつながります
●固定資産の取得後に国庫補助金等を分割して受けた場合の圧縮記帳の取扱い及び国庫補助金等の範囲について(文書回答事例)(平成28年12月19日)



財務省 各年度別の税制改正の内容
ご意見箱 財務省
2017年の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています