タックスニュース

191212


今年も確定申告期のe-Tax受付は24時間体制



 国税庁がe-Taxホームページにおいて、平成19年分の所得税確定申告期間限定で、e-Taxの受付時間(送信可能時間)、およびヘルプデスクの受付時間を拡大することを案内しています。

 通常、e-Taxの受付時間(送信可能時間)は、月曜日〜金曜日(祝日等を除く)の午前9時〜午後9時までですが、1月28日(月)〜3月17日(月)の期間のみ、土日祭日を含めて24時間に拡大するということです。
※1月28日(月)の受付開始時間は午前9時です。

 この取り扱いは、昨年(平成18年分)から始まったものですが、今年は昨年(2月16日から3月15日の申告期間のみ24時間受付)よりも早く24時間受付が開始されます。

これは、還付申告が1月1日から始まることから、e-Taxによる還付申告を促進することが狙いでしょう。
 また、24時間受付の終了日が昨年よりも2日伸びているのは、今年の3月15日が土曜日であることから、確定申告期限が3月17日の月曜日になっているからです。
 
 ちなみに、昨年はこの24時間受付の効果もあって、e-Taxによる所得税の確定申告件数が49万件(一昨年は3万5千件)と大幅に増えています。

 一方、ヘルプデスクの受付時間は、月曜日〜金曜日(祝日等を除く)の9時から20時まで(通常は9時から17時)で、2月24日及び3月2日の日曜日は9時から17時まで受け付けるとのことです。






平成19年12月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています