税務会計ニュース

180609


事前確定届出給与に関する届出書



 掲題の届出書が国税庁のホームページにアップされました。
 平成18年4月1日以後に開始された事業年度において、事前確定届出給与の規定を利用する場合は6月末が提出期限になっています。

(実質的には3月末決算法人、および4月1日以降開始事業年度において、6月30日までに業務の執行を開始した役員)

 とりあえず、同届出書を見た限りにおいては、作成はかなり大変なようです。早めに準備されることをお勧めします。

 国税庁にアップされた届出書は以下の3様式からなっています。

@事前確定届出給与に関する届出書

事前確定届出給与の支給対象者すべての分の「支給時期、支給期間を定めた日並びに機関」や「事前確定届出給与とした理由」をとりまとめて記載します。

A付表1(事前確定届出給与等の状況)

事前確定届出給与の支給対象者ごとに、直前の会計期間、当該会計期間、翌会計期間における事前確定届出給与および事前確定届出給与以外の給与の支給時期(年月日)、届出額、支給額を記載します。

B付表2(事前確定届出給与対象者以外の役員に対する給与の状況)

事前確定届出給与の支給対象者以外の役員に対する給与の支給時期と支給金額を記載します。1枚の届出書で4人分の記載ができるようになっています。

つまり、届出においては、@を1枚、Aを事前確定届出給与の支給対象者分、Bを1枚(事前確定届出給与の支給対象者以外の役員が4人超の場合は枚数が増えます)提出することになるようです。


参考URL
 事前確定届出給与に関する届出






平成18年6月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています