税務会計ニュース

180118b


所得税確定申告の開始がいよいよ近づいてきました



 平成17年分の所得税の確定申告の相談及び申告書の受付(確定申告期間)は、2月16日(木)から3月15日(水)までです。

既に国税庁のホームページでは「平成17年分の確定申告書等作成コーナー」が設置され、平成17年分の申告書等の作成ができるようになっています。また、「確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A」も公開されました。

 今年の確定申告期間においては、公的年金等控除の変更により、年金受給者の所得税申告が170万件も増えることが見込まれており、また、既に申告が始まっている個人事業者の消費税申告においても、消費税の事業者免税点の引下げにより、128万件も申告件数が増えるとのこと。申告期限の3月15日の直前では、税務署の大混雑が予想されます。申告は早めに行った方が良いでしょう。

 ところで、国税庁のホームページに設置されている「確定申告書等作成コーナー」ですが、最近、利用者が激増しており、同コーナーを利用して作成した所得税申告書を提出した人が69万件もあったそうです。

平成17年分の同コーナーにおいては、昨年に比べて大きく変わった点はありませんが、昨年、同コーナーを利用した人の意見が好評だっただけに、今年も利用者は増えそうです。

 また、同コーナーからは、先日公開された「確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A」をはじめ、確定申告に関する手引きや記載方法なども見ることができます。

「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作る予定のない方でも、確定申告をされる方は一度ご覧になられると良いかもしれません。







平成18年1月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています