税務会計ニュース

181214


平成19年度税制改正大綱が決定



 与党(自民党、公明党)が平成19年度税制改正大綱を決定しました。

 見送りかとも言われていた証券優遇税制(上場株式の譲渡益と配当に対する軽減税率)については、1年延長した上で廃止することが明記されました。

 また、企業関連税制においては、減価償却制度の残存価額および償却可能限度額の撤廃、中小企業を留保金課税の対象から除外する改正のほか、「特殊同族会社の役員給与の損金不算入」制度について適用除外となる基準所得を現行の800万円から1600万円に引き上げることも盛り込まれています(平成19年4月1日以後に開始する事業年度から)。

 また、中小企業の事業承継税制やエンジェル税制、個人の住宅税制(バリアフリー税制)などにも減税項目が並んでおり、久々に減税色の強い税制改正になりそうです。


参考URL
平成19年度税制改正大綱 (pdf)






平成18年12月の記事一覧へ




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています