【会計Info】経理・税務会計情報サイト

税務会計ニュース

170616


ネットオークションの売上は確定申告の必要有り!?



 今や商品の1購入手段として定着しつつあるインターネットオークション。

お得な価格で掘り出しものが手に入ることもあり、気軽に誰でも参加でき年々利用者が増えています。

「Yahoo!」や「楽天」などを中心に、ブランドものの服やバッグ、電気製品、玩具やチケットといった取扱品目の多種化、或いは決済方法の多様化などインフラ面の充実により、今や花盛りといった状況です。

 ところで、オークションに出品して収入を得た場合、確定申告が必要でしょうか?

 実は、個人の場合、インターネットオークションでの収入については、課税対象のものと非課税対象のものがあります。

●非課税対象品:日常生活で使用していた動産
 →例:家具・衣類・什器など

●課税対象品:一つ、または一セットの価額が30万円を超える嗜好品や贅沢品
 →例:貴金属、骨董品・書画等

 オークションでの収入がどの所得(譲渡所得、雑所得、事業所得など)になるかについては結構複雑で、収入の頻度や出品物などにより異なります。

 また、課税対象だからといって、直ちに確定申告が必要だというわけでもありません。

たとえば、給与所得者の場合は給与所得が2000万円以下で、給与所得以外の年間所得が20万円以下の場合は申告不要。

また、給与所得者以外の場合も、オークションでの所得を含め年間所得が38万円以下であれば申告不要です。

つまり、趣味程度でオークションに出品して収入を得ている程度では確定申告は必要ありません。

 なお、オークションでの所得とは収入額の全てではなく、収入額からその商品を販売する為に掛かった諸経費(仕入金額や商品の荷造発送費など)を差し引いた分となりますのでご注意下さい。







戻 る(平成17年の記事一覧へ)




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています