【会計Info】経理・税務会計情報サイト

税務会計ニュース

170401


タンス株の特定口座への預け入れが再開



 平成16年12月31日で終了した特定口座へのタンス株の預け入れが、4月1日より再開されます。

預け忘れていた人たちの多くが胸をなでおろしていますが、制度としては少々優遇措置が縮小しているだけに不満もあるようです。

 「タンス株」とは、個人が自宅のタンスなどに保管したまま眠らせている株券のこと。

また「特定口座」とは、証券会社が株券の所有者に代わって、申告のための税金計算や納税などを行ってくれる口座のことです。

特定口座にタンス株を預け入れることで、株式の売買や申告、納税が簡単になる上、名義書き換えを忘れて株主の権利を失うことも防げます。

 このタンス株の特定口座への預け入れが昨年末に締め切られました。

しかし、まだ預け入れされていないタンス株がかなり残っているとみられており、そのため国は制度変更し、4月1日から再開できるようにしました。

なお、これは2009年6月から株式がペーパーレス化されることに向けての政策でもあります。

 ただし、今回再開されたタンス株の預け入れは、以前のものよりも少々制度が変わっているので注意が必要です。

昨年末までの制度では、取得価格が分からないものについて、平成13年10月1日現在の市場価格の終値の80%をもとに算出したみなし取得価格を採用できましたが、再開されるにあたりそのみなし取得価格は使えません。

タンス株を預け入れるときには、実際の取得価格で預け入れることになります







戻 る(平成17年の記事一覧へ)




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています