【会計Info】経理・税務会計情報サイト

税務会計ニュース

170210


国民生活金融公庫をかたった融資勧誘等に注意



 このほど「国民生活金融公庫」 が、「『日本金融連盟(財)国民生活公庫』と名乗る者のほか、公庫名をかたった業者、公庫と類似した名称、酷似したマーク等を利用した業者による融資の勧誘等について」という情報をホームページに掲載しました。

 このところ、公的な機関名をかたった詐欺が多いようですので、被害にあわないよう、十分な注意が必要です。

 国民金融公庫によると、「日本金融連盟(財)国民生活公庫」と名乗る者から、ダイレクトメール等により融資の勧誘や借入金返済の請求があったという問い合わせが急増しているようです。

 同公庫は「そのような業者とは一切関係なく、提携している事実もありません」と注意を呼びかけています。

<主な事例>
◆「融資の審査に売上の確認が必要」として売上金の送金を指示された。
◆「公庫からの借入金を一括返済してほしい」として返済金を要求する。
◆「一定額を支払えば、公庫に返済を猶予するよう口利きをする」と現金のほか戸籍謄本,住民票等を要求する。
◆「一定の金額を振り込めば、公庫から融資が実行される」と資金の振込を要求する。

<問い合わせのあった業者名>
・財団法人国民公庫
・共立国民公庫
・国民金融公庫サービスセンター
・国民総合支援組合
・コスモス
・(株)住友中央信販
・国民支援協会
・国民公庫クレジットセンター
・生活向上組合
・特殊法人三井東京保証協会
・特殊法人消費者金融相談室
・消費者サポートセンター
・西日本保証協会
・北九州保証協会
・トータルライフプラン






戻 る(平成17年の記事一覧へ)




川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています